電話番号、営業時間、住所 アクセスアイコン
電話番号、営業時間

石川県金沢市広岡
2丁目13番8号

アクセスアイコン

事業承継

事業承継

自社を如何にして後継者に引き継ぐか。これは会社経営者であれば、必ず直面する課題です。ところが、事業承継を行う場合、誰に相談するのがよいか、非常に悩みます。それというのも、事業承継を扱っている専門家が非常に多いためです。税理士、弁護士、司法書士、コンサルタントなどなど。実は、それぞれの専門家に特徴があるため、誰か一人に頼めばよいというわけではありません。そのため、誰か一人を中心にしながらも、多数の専門家の力を借りながら行っていくのが事業承継です。

事業承継の三要素

事業承継には、3つの要素があると言われています。それは、①会社の経営権を誰に引き継ぐかという「所有の承継」、②次の代表取締役を誰にするかという「経営の承継」、③後継者をどのように育てていくかという「後継者の承継」の3つです。

所有の承継と経営の承継は混同されがちですが、株式を誰が持つのかという問題と誰が経営するのかというのは別の問題なのです。株式は子供が相続し、経営は従業員から抜擢した雇われ社長が行うという事例もあるからです。ですので、どの側面が問題になっているのかということを意識しつつ、準備を進めていくことが重要です。

よくある失敗事例

事業承継で起こりがちなのは、こんなトラブルです。

・後継者に代表権を譲ったものの、元経営者が気になって仕方がなく、経営に干渉し続けた結果、お家騒動状態に陥る。

・後継者がやる気を発揮して次々と新方針を打ち出した結果、古参の従業員の反発を買い、会社が分裂。

・遺言書にしっかりとした記載がなされなかったために、遺留分減殺請求などがなされ、相続トラブルに巻き込まれてしまった。

数え上げればきりがありません。それだけ、難しいのが事業承継なのです。ですから、一人で悩まず、信頼の置ける専門家に相談しつつ、慎重に行うことが重要です。

遺言書はしっかりと

遺言書によって所有の承継を行うことは多くあります。しかし、遺言書は法律的な文書ですから、しっかりと法律の要件を満たしたものでなければなりません。ところが、それを知らずに書いてしまう人が意外に多いのが現実です(特に自筆による遺言はトラブルが多いです)。その結果、遺言書が無効になり、相続トラブルが発生してしまうことがあります。遺言書は専門家に聞きながら、作成すべきです。

遺留分に注意

たとえば、生前に株式を後継者に譲り渡したとします。他にも財産がたくさんあればよいのですが、財産が少なかった場合は、遺留分を侵害してしまう可能性があります。そうすると、受取額が少ない相続人が遺留分を求めて訴訟をしてくるリスクがあるのです。

さらに、遺留分の算定における財産の評価は、被相続人の死亡時が基準になるため、株式の価格が変動するなどして、予想に反して遺留分を侵害してしまうというリスクもあります。そのような場合は、遺留分の除外・固定合意などもできますので、是非、専門家に相談をすることをお勧めいたします。

事業承継税制の活用

税理士の専門分野ではありますが、税金への手当も重要です。事業承継税制など、優遇措置も多くありますので、しっかりとチェックしておくことが重要です。

その他

他にも、如何にして志を承継するか(理念を如何に承継するか)、教育をどうするのか、従業員との関係性をどうするのか、など、考えねばならないことは山積みです。一人で悩まず、ぜひ、相談してみられることをオススメいたします。

あなたの悩みを解決する道があります。是非一度ご相談下さい。

電話番号

受付時間

月〜金(祝日・年末年始除く)

10:00〜17:00

事業承継に関する記事

メルマガ登録はこちら

当事務所の最新コラム